お針箱まわり
by chloe_patricia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


2010年 第四十九金曜日

d0143662_123326.jpg
 以前お目にかけた針山です。縞部分の緑をもっと茶味の強い糸にした方が良かったかもと思っていたのですが、先日刺繍教室に(自慢しようと)持って行ったところ、講師の先生のお一人がエメラルドグリーンを少し混ぜると良いとおっしゃいました。意外な色を提案されたと思いましたが、この先生とは色の好みも似ておりますし、何といっても色合わせに関しても専門家ですから、どういう風になるのか実際に作ってみました。

d0143662_1284935.jpg
 これがもともとの濃い緑一色で作ったものです。確かに暗い感じはします。

d0143662_121099.jpg
 次に青磁を一周加えました。提案された色はエメラルドグリーンでしたが、ちょっと強すぎるのではないかと思ったのです。と言いますのも、糸の太さと一周分すべて色が出るという事をわかっていらっしゃらないだろうと考えました。刺繍される際は糸はいくらでも細くできますし、また欲しい部分にだけ挿し色として加えられますでしょう。ということで敢えて色のトーンを落としました。
 なかなか興味深い体験でした。濃い緑を2周した後に青磁を一周、この時点で全体が明るい緑一色で3周したかのような印象を受けました。そこに金糸を加えると紫の部分と相まって、孔雀の羽根を思い浮かべました。孔雀は青と緑ですけれど、イメージが孔雀の羽根だったのです。でも濃い緑を足すと、また印象は変化しました。色の相乗効果と目の錯覚の両方なのでしょうけれど、本当に不思議です。もしかしたら、もっと強烈なエメラルドグリーンでもいけるかもしれません。

d0143662_12203194.jpg
 青磁をエメラルドグリーンに替えたものです。写真はちょっとぶれていますが、まばゆいほどの緑と金の縞になりました。

何人かに意見を聞きましたが、華やかになったからエメラルドグリーンが良いという方と、焦点が紫の矢車からそれるという理由で初めの一色の物が好きだというう方にわかれました。わたくしは青磁が一番好きで、次が初めの濃い緑だけのもの、エメラルドグリーンはちょっと強すぎるように思います。

d0143662_12301881.jpg
 色違いでもう一つ。今度は銀糸です。縞の部分の刺し方も少し変えました。矢車のサンゴ色とちょっと合わないような感じがします。今もう一つ作っていますが、それは青灰色です。バックの縞を白と銀にしようかと思っていますが、どうしたものでしょう。色合わせは本当に難しいです。
[PR]
by chloe_patricia | 2010-12-03 12:35 | ゆびぬき
<< 2010年 第四十九月曜日 2010年 第四十八金曜日 >>