お針箱まわり
by chloe_patricia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


2009年 第十四水曜日

d0143662_14284982.jpg
 写真の光の具合が悪いのですが、プロトタイプの針山です。テーブルの上よりもいつものように白い布の上で写真を撮るべきでした。

アルミホイルの芯を元に針山を作っていますが、綿キルト芯を使っているので出来上がりサイズを一定に保つのが大変難しいです。微妙な糸の引き具合で大きさが変わりますし、糸の引き具合が終始一定でないときれいに模様が出ません。大変手間がかかり、難しいのですが、思い通りに出来上がったときの達成感は最高です。

この針山がプロトタイプなのは胴体が太すぎるからです。使う段には不都合は無いのですが、わたくしが作りたいと思っていた形に仕上がりませんでした。糸の引きが弱かったのです。ぽっこりとしたクッションを入れるとどうも納まりがわるいので、薄めの平べったい形になりました。これはこれでよかったかもと自分を納得させようとしています。

思い通りに行かなかったものはプロトタイプと呼ぶことにしています。かっこいい響きでしょう。色々考えて、色々工夫して、試作品を作ったみたいで。実際は作ったらこうなったというのがほとんどなのですが、詳細には立ち入らないことにしましょう。

プロトタイプと呼ぶか失敗作と呼ぶかは別にして、指ぬきをお作りの皆様はそういうものをどのようにしていらっしゃいますか。自分で使うにも指ぬきばかりそれほど必要ありませんし、針山もひとつかふたつで十分です。人に差し上げるには難あり品ですし、かといって難ありとして販売するわけにもいきません。箱の中にプロトタイプの針山ばかりたまっていきそうです。
[PR]
by chloe_patricia | 2009-04-08 14:44 | ゆびぬき
<< 2009年 第十五木曜日 2009年 第十四木曜日 >>