お針箱まわり
by chloe_patricia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


カテゴリ:お針箱( 7 )

2009年 第十七木曜日

d0143662_23492549.jpg
 また冷え込んできたので牡丹の花が止まりました。植物だけでなく、寒暖の差が激しいと人間にもこたえます。
 上の写真はロンドンのSmythsonのお裁縫箱です。ニュースレターに新製品として掲載されていました。宝石箱やレターセットケース、バニティーケースなどは以前からありましたけれど、お裁縫箱は初めて見ました。とてもきれいでしょう。でもとてもお高いのです。
 わたくしは箱ものが好きで、きれいな箱は捨てられません。でも残しておいても何かに使うということはあまりないのです。ため込んでいるだけ。でも捨てられないのです。
[PR]
by chloe_patricia | 2009-04-23 23:57 | お針箱

2008年 第五十二火曜日

d0143662_1811737.jpg
 木の葉模様で編み始めましたが、はっきりとしたでき上がり完成イメージがあって始めたのではありません。いつものように、とりあえずこんなものかしら...と気軽に編み始めました。少し明るい色に写っていますが、今年買ったバーガンディー色のコートによく合う薄紫なので、それなりの完成予想図はあるのですが、いったい何になるかはでき上がってからのお楽しみ。わたくし自身、はっきりとは申し上げられない状態です。最終的にはプロトタイプで終わってしまうかも知れません。
[PR]
by chloe_patricia | 2008-12-23 18:15 | お針箱

2008年 第四十二金曜日

d0143662_17463661.jpg いつもの指ぬきよりも少し大きめに作って針刺しにしました。正確に申し上げると、指ぬきのサイズを指定されて作ったのですが、思った通りの大きさにならなかった失敗作の再利用です。以前作った針刺しは始めから底付きで作りましたが、これはもともと指ぬきとして作ったのでリング状ですから、針が下に抜けないようにクッション部分の底に厚紙を仕込みました。
 ころんとしてかわいいのですが、小さくて軽いため作業台の上ですぐに迷子になります。何かおもりになるものを入れようかとも思うのですが、小さいためなかなか良い案が浮かびません。どうしたものでしょう。
 真剣に取り組んでいないとはいえ、指ぬきの売りあげがはかばかしくないと以前お話しましたが、クリスマスが近づいてきたので外国のクリスマスショッピング戦線に参加しようかと半ば真剣に考えています。オークションではなく、手作り専門の販売用オンラインサイトも見つけましたし...
[PR]
by chloe_patricia | 2008-10-17 18:04 | お針箱

2008年 第十五火曜日

 以前ご紹介した針刺しをお買い上げいただきました。指ぬきはちょこちょことお買い上げいただいているのですが、針刺しは初めてです。うれしい
 クッション部分を入れるとぷっくりとかわいらしい針刺しですが、指ぬきではきれいな模様も、大きな針刺しにすると全く感じが違ったものになり、なかなか思った通りには出来上がりません。またお買い上げもないので作るのをやめておりましたが、今日ようやく1つ売れました。在庫処分ができてうれしいというのが本音ですが、買ってもよいと思うくらいお気に召したということが一番うれしいです。よその方に認めてもらえたというところでしょうか、きっと手作りをなさる方ならおわかりいただけると思います。
[PR]
by chloe_patricia | 2008-04-08 23:40 | お針箱

2008年 第五金曜日

2つ目の針刺しが完成しました。赤と紺の青海波の1作目よりも私はこちらのほうが好きですが、皆様はいかがでしょうか。
d0143662_23314197.jpg

ゆびぬきの模様に比べると針刺しのうろこ模様が大きすぎるし、ちょっと縦長ですよね。
まだまだ改善の余地ありです。
針刺しの絹糸でかがってある部分の高さは2センチ少々(少々というのは底の厚みの分)です。三角関数は忘れてしまったのですが、上から下へ渡す糸は3センチを超えています。そのため途中でどうしてもぶれが出てしまうようです。
これも何とかしないといけないことの1つ。
以前刺繍の先生が鮎用の釣り糸はすごく細いから、綴じるのに使っているとおっしゃっていました。釣り用具店に行ってみないと。

ゆびぬきの作り方で指輪を作るというのは、現在試作品を作成中。
なかなかうまくいきません。
はめ心地が悪いため高さを低くしたのですが、そうすると模様に限界が出てきます。
低くすればするほどはめやすいけれど、単純な模様しかできなくなるのです。
今のところ妥協点は9ミリです。通常11ミリで作っていますのでたった2ミリの差ですが、以外に大事な2ミリです。
[PR]
by chloe_patricia | 2008-02-01 23:49 | お針箱

2008年 第五火曜日

d0143662_15461979.jpg

第一月曜日にご紹介したゆびぬきとお揃いの針刺しを作りました。
ゆびぬき以外を作るのは初めてです。幅が太くなると模様がどのように変化するのかイメージが浮かばないまま、好きな模様で作ればよろしいと、とりあえず刺し始めました。
作っている途中でこの模様で本当に良かったのかと、疑問に感じ始めました。
ゆびぬきは青海波という模様ですが、私は片身替わりに仕上げています。針刺しも同じようにして作り始めたのですが、幅が広くなったせいで、中央の模様が片身替わりに仕上がりません。それに色合いも細いゆびぬきと幅の広い針刺しとではできあがりの印象がまったく違います。まだまだ研究の余地はありそうです。
でもウールの布をぐるぐる巻いて同じ布で包んで筒の中に入れたら、ぷっくりとして、なんとなくかわいらしい。これからしばらくの間、針刺しばかり作りそうです。
[PR]
by chloe_patricia | 2008-01-29 16:07 | お針箱

2008年 第三日曜日

d0143662_14274399.jpg

ブログ開設以来、3週間目にしてようやくお針箱の登場です。
といってもこれはお針箱ではなく縫い糸入れ。
ゆびぬきやタッセルなどを作るつもりで、絹の手縫い糸をオークションで大量落札したのですが、実はそんなにたくさん使わないので、始末に困る有様。とりあえず空き箱に入れています。そのうちにこの箱も布を貼ってきれいにするつもりですが、いつになることやら。
きれいに整理できたその節に、またお目にかけたいと思います。
[PR]
by chloe_patricia | 2008-01-20 15:00 | お針箱