お針箱まわり
by chloe_patricia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


<   2008年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2008年 第五木曜日

ゆびぬきの要領で指輪を作れないかとの打診を受けました。
誰でも考えることは同じ。私も作り始めてすぐに指輪になるかもと考えましたが、
未だに実現しておりません。
問題点は以下の通り:

1. 厚紙を輪にしてさらに真綿を巻くのでかなり厚みのある指輪になってしまう。
   普通分厚いかまぼこ型の指輪は内側が刳れていているけれど、
   ゆびぬきはまっすくの筒。幅が広いのでかなりはめにくいかも知れない。

2. 作り方通りに私のゆびぬきは1.1センチ幅。
   はめにくいからと言って、幅をあまり細くすると模様がきれいに出なくなってしまう。
   模様に工夫が必要。

3. 紙と布と絹だから水に弱い。汗にも弱い。
   ゆびぬきは実用品だけれど、お裁縫をするときの手はきれい。
   日常にはめるとすぐに傷んでしまう危険がある。

4. ゆびぬきだとおおよその大きさでいいけれど、指輪にするときっちりサイズが必要。

さて、どうしたものか。
[PR]
by chloe_patricia | 2008-01-31 18:04 | ひとりごと

2008年 第五火曜日

d0143662_15461979.jpg

第一月曜日にご紹介したゆびぬきとお揃いの針刺しを作りました。
ゆびぬき以外を作るのは初めてです。幅が太くなると模様がどのように変化するのかイメージが浮かばないまま、好きな模様で作ればよろしいと、とりあえず刺し始めました。
作っている途中でこの模様で本当に良かったのかと、疑問に感じ始めました。
ゆびぬきは青海波という模様ですが、私は片身替わりに仕上げています。針刺しも同じようにして作り始めたのですが、幅が広くなったせいで、中央の模様が片身替わりに仕上がりません。それに色合いも細いゆびぬきと幅の広い針刺しとではできあがりの印象がまったく違います。まだまだ研究の余地はありそうです。
でもウールの布をぐるぐる巻いて同じ布で包んで筒の中に入れたら、ぷっくりとして、なんとなくかわいらしい。これからしばらくの間、針刺しばかり作りそうです。
[PR]
by chloe_patricia | 2008-01-29 16:07 | お針箱

2008年 第四水曜日

d0143662_1542359.jpg
またゆびぬきです。

模様にもよりますが大体
2時間ほどで作れます。
ちょこちょこと簡単に完成品ができるのが嬉しい。
特別な道具も不要で、場所も取らないので手軽に楽しめる手芸です。
皆さんもいかがですか。


完成品を見た友人知人は口を揃えて「使うのはもったいない」と言います。
でも実際に使ってくれている友人もいて、しなやかで縫いやすいと言っています。
私はそれほど縫い物はしないのですが、刺繍するとき左の指先にはめて、針を表面に押し出す時に使っています。かなり細い刺繍針で目の詰まった布を繍う時、針を押し上げる中指に針のおしりが刺さります、血がでるほど。いくつか指ぬきを使いましたが、日本刺繍の糸はもともと縒りがかかっていないため、引っかかりやすいのです。自分で作った指ぬきを使うようになってからは快適です。自分のサイズで作れるのも嬉しいことですね。

先週お目にかけた糸入れにしまってある糸は使っていないものです。実際使っているものは別にしていますが、色のバリエーションに限りがあるのか、それともイマジネーションに限りがあるのか、同じような色あわせのものばかり作ってしまいます。模様も自分の好きなものとそれほど好きでないもの、また好きだけど作るのが大変というものもあり、変わりばえのしないものが多いです。今回ご覧いただいたのはかなり地味な色あわせです。お針箱を開けたときには華やかな指ぬきがあるときれいだから、もっときれいな色の方が良いのではないかとも言われましたが、鉄色お納戸は好きな色のひとつです。

d0143662_16251384.jpgこれはおまけ画像。

初めて作った模様です。表面で糸がまったく交差していないので実用品としては弱いのですが、一度作ってみたかったものです。作り始めてわかったことですが、かなり作りにくいものでした。
[PR]
by chloe_patricia | 2008-01-23 16:30 | ゆびぬき

2008年 第三日曜日

d0143662_14274399.jpg

ブログ開設以来、3週間目にしてようやくお針箱の登場です。
といってもこれはお針箱ではなく縫い糸入れ。
ゆびぬきやタッセルなどを作るつもりで、絹の手縫い糸をオークションで大量落札したのですが、実はそんなにたくさん使わないので、始末に困る有様。とりあえず空き箱に入れています。そのうちにこの箱も布を貼ってきれいにするつもりですが、いつになることやら。
きれいに整理できたその節に、またお目にかけたいと思います。
[PR]
by chloe_patricia | 2008-01-20 15:00 | お針箱

2008年 第三金曜日

d0143662_2138590.jpg
日本刺繍のお教室に通っていますが、実は今はお休み。
私が勝手にお休みしているのではなく、お教室自体がお休みです。年に2回、春と秋にそれぞれ6回づつしか開講されないので、次は春までお休み。

写真は織物のように見えますが刺繍です。秋のクラスが終わって、お休みの間に仕上げたいと思っていたのですが、お教室が無いからまぁいいか、と言うわけで未だ出来上がっていません。芥子刺しの間に渡した糸を留める仕事がまだ半分ほど残っています。
この柄は江戸小紋の型紙ばかりを集めた本から取りました。私の先生方は皆さん京繍いの職人さんばかり。私がお教室で繍っているのをみて、「自分ならこんな仕事がきたら断る」とおっしゃっています。納期のない、道楽だからできるのですね、きっと。
でも実はこういう粘液質タイプの作業が好きだったりして。

最終的には長財布の外側になる予定です。裏の布も用意したので早く仕上げればよいのですが、かぶせの裏にも刺繍したいので現在図案を探しています。柳と燕を考えていたのですが、やはり春の柄ですからね。季節感のない柄にしないと、一年を通して持てません。かぶせの裏ですから面積が小さいので、その中にバランスよく収まるようにとなると、なかなか難しいです。
そのうちに完成するはずですから、その時にまたお目にかけたいと思います。
[PR]
by chloe_patricia | 2008-01-18 22:01 | 日本刺繍

2008年 第二日曜日

ブログのテーマは「お針箱まわり」ですが、読書も好きなことのひとつです。と言っても、純粋に娯楽として楽しむだけで、教養を深めたり、社会情勢について考えたりするような難しいものはあまり読みません。

今年に入って初めて読んだのはPatricia BriggsのIron Kissedです。Moon CalledBlood Boundに続くファンタジーのシリーズ第3作。ずっと楽しみにしていたものですから2日で読み上げました。内容はいろいろな意味で、まぁ!まぁ!まぁー!!!でした。
日本語訳が出ているかどうかはわかりませんが、お勧めです。ニューヨークタイムズで
一位になったと、作者がご自分のホームページに書いていらっしゃいました。

次に読んだのはJ.D. RobbのCreation in Death。ロマンス作家のNora Robertsが別名で書いていらっしゃる近未来警察ミステリーです。以前に発表されたアンソロジーに収録されている短編のMidnight in Deathを下書きにしているような感じもあるのですが、十分ふくらませてあるので、楽しめる内容です。このシリーズは日本語訳が出ていますが、原作はすべて".... in Death"で統一されているのに日本語タイトルの切れが悪いと思われませんか。

上記作品のリンク先はFictionwiseというアメリカの電子書籍販売サイトです。
私は4、5年前から紙の本は極力買わないことにしました。
第一の理由は電子書籍は場所を取らないからです。フォーマットにもよりますが、長編でも1メガバイト以下です。1ギガのSDカードを使っていますが、まだまだ入ります。
[PR]
by chloe_patricia | 2008-01-13 16:29 | 読書

2008年 第一月曜日

d0143662_20403868.jpg

以前読んだ本で初仕事は指ぬき作りとありましたので、私もそれに習ってみました。

昨年の秋、刺繍針を買いに行ったところでお店の方と指ぬきの話になりました。
実物は無かったのですが、それは美しい絹糸かがりの指ぬきの絵葉書を見せていただきました。NHKのテレビで紹介されていたものだそうです。作成キットも販売されているらしいとうかがいました。インターネットのすばらしいところですね、「絹糸かがりの指ぬき」をキーワードに作成キットを探し当てることができました。ご推察の通り、「加賀ゆびぬき」です。加賀以外でも作られていたでしょうけれど、紹介された方が加賀のご出身だったので、そう呼ばれているようです。作り始めて2ヶ月ほど、自分でもなかなか上達したと思っています。

ブログには以前から興味はあったのですが、定期的に更新するほどの出来事が起こらない生活をしておりますので、今まで二の足を踏んでおりました。
年が明けたのを機に、どこまで続けられるかわかりませんが、できれば週一度のペースで更新していきたいと考えております。
[PR]
by chloe_patricia | 2008-01-07 20:43 | ゆびぬき