お針箱まわり
by chloe_patricia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31


<   2008年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2008年 第十三金曜日

d0143662_17363712.jpg
 ここ数日春めいていたのですが、今日は少し肌寒いのでホットチョコレートです。きっと正しい日本語はココアなのでしょうけれど、わたくしはホットチョコレートと呼びます。最近はおしゃれな方はショコラ・ショーとおっしゃるようですが、結局フランス語で言っているだけでココアもホットチョコレートも、(日本では使わないようですが)ドリンキングチョコレートも同じものではないかと思っています。
 昔々はバンホーテンのココアパウダー(わたくしはココア粉と呼びます)で作っていましたが、最近はチョコレートを牛乳で溶かしています。簡単に作れるように刻んであるものがホットチョコレート用として売られているので便利ですね。Valrhonaが好きでしたが入手しにくくなりましたのでFortnum and Masonの自社ブランド品かCharbonnel et Walkerにしています。Pierre Marcoliniも一度買ったことがあるのですが、ここのは酸味が強くて好みではありませんでした。
 使うチョコレートについてはどうのこうのと言っているのに、どうして上にクリームがのっていないの?とお考えの方もいらっしゃるでしょう。かなりチョコレートの多い濃厚なホットチョコレートが好きですので、基本的にクリームで薄めたくないのです。カカオ含有が高いチョコレートを使っても牛乳で溶いているので十分薄まっています。これにはクリームは必要ありません。逆にココア粉で作ったマイルドで薄いホットチョコレートには濃厚さを足したいのでたっぷりとクリームを乗せたものが好きです。結局のところは勝手者でございます。
[PR]
by chloe_patricia | 2008-03-28 17:58 | チョコレート

2008年 第十三火曜日

 以前にもお話しましたが、本は主に電子書籍で読んでおります。fictionwiseというオンライン書店で購入することが多いのですが、ここは毎週月曜日(アメリカ東部標準時午前10時)に新しい本が発売されるという仕組みになっているのですが、新刊書は1週間、定価より最低10%引きになるといううれしいシステムです。有料ですが会員になると全作品15%引き、定期的にセールをしたり(最近ではうるう年セールと称して4年に一度の29%引きセールがありました)、会員限定割引キャンペーンもあります。今週はこの書店で使えるオンラインマネー、マイクロペイというものをセールしています。ドル安の今、ご興味のある方はどうぞ。
 さて、最近読んだ本の作者の紹介で面白いものがありました。この方は教養学部を卒業された方ですが、この方のコメントに「工学専攻の人はどのようにしてそうなるのかと尋ねる。哲学専攻の人はそうなる理由を尋ねる。教養学部はご一緒にポテトもいかがですかと尋ねる。」というのがありました。なんともはや、でございます。
 
[PR]
by chloe_patricia | 2008-03-25 16:19 | 読書

2008年 第十二金曜日

d0143662_148262.jpg
 いろいろな方のブログを拝見していて、わたくしも刺繍をしてみたくなりました。日本刺繍をすればよいのですが、なんとなく気が乗らないのです。という時に思い出したのがこの写真のブラックワークです。
 9年ほど前、5日間の集中刺繍教室に通ったときに刺したものです。たくさんの技法を学ぼうというクラスですので、短時間で簡単にできるものばかりをいくつも作ったのを覚えています。先生はピンクッションにでもすればよいですねとおっしゃっていましたが、わたくしはそれっきりにしていたものです。まずはこれをピンクッションに仕上げて、布がまだ余っていますからもう一つ作ります。
[PR]
by chloe_patricia | 2008-03-21 14:17 | 刺繍

2008年 第十二火曜日

 日中は本当に温かくなりました。我が家には牡丹がたくさんあるのですが、花芽も少しづつ膨らんできています。わたくしの住んでいるあたりでは5月になってからが牡丹の季節なのですが、なぜかうちの牡丹は毎年4月半ばに咲きます。日当たりが良いせいかしら。咲いたら写真をご披露したいと思っております。
 わたくしの住んでいるところは観光地だと前回お話しましたが、春と花と観光地は最悪の取り合わせです。平日の朝でも観光客さんたちは元気です。バスも人でいっぱい。道路も車でいっぱい。移動は(やっぱり混んでいますが)地下鉄が一番早いです。お彼岸はお墓参りでまた大変な人出です。秋も観光シーズンですが、春は桜を目当てに短期間に人が集中するような気がします。「ここ、どうしてこんなに人が多いの?」と観光客さんがおっしゃっているのを聞いたことがあります。「あなたが来ているからでしょ。」と言いたくなりました。観光は大事な財源なので、観光客さんにはたくさん来ていただかないといけないのですが、日常生活に支障がでるとなると、ちょっと文句も言いたくなります。
 来月の半ばからまた刺繍のお教室が始まります。お休みの間にするつもりだったことはまだ残っています。早く仕上げないと。
[PR]
by chloe_patricia | 2008-03-18 15:41 | ひとりごと

2008年 第十一日曜日

d0143662_16261575.jpg
 以前オークションでゆびぬきを販売しようかと考えているとお話しましたが、本日出品いたしました。こちらのページで現在出品している7点がご覧いただけます。
 実を申しますと、オンラインオークションではなく店舗で置かせていただこうかとも考えていたのです。わたくしの住んでいるところは観光地でございます。和物がはやっているので、そういうお店がたくさんあるのです。オンラインオークションよりもこちらの方が良いかもしれないと思いついたのですが、よくよく考えてみますとお店に出すと帳簿や在庫管理、原材料の棚卸など面倒なことがたくさん出てまいります。ようやくすませた確定申告を考えると、大して売れないはずのものにそこまで手間をかけたくないという訳で、やはり手軽なオンラインオークションに落ち着きました。
 なんとなく子供の頃の発表会のような感じがします。ご覧いただければ、とてもうれしいです。よろしくお願いします。
[PR]
by chloe_patricia | 2008-03-16 16:38 | ゆびぬき

2008年 第十一金曜日

 早いもので3月も半ば。3月半ばというと、やはり確定申告ですね。今年は来週の月曜日、17日が締切です。わたくしも昨日提出してきました。
 申告書はオンラインで作成できるのですが、最近国税庁はオンライン申告のe-taxなるものを普及させたいと画策しているようです。確かに便利で、わずかながら控除もあるのですが、いかんせん、カードリーダーとかいうものが必要らしいのです。他に使うあてもないものを納税申告だけのために買うのはばからしいので、相変わらずわたくしは古き良き紙の申告書です。
 税務署の玄関を入ったわたくしにまず第一声、「できていますか。」「できています。」「ではこちらに...あぁ、あそこが空きました。どうぞ。」思ったよりスムースに行きました。さっさと申告するぞー!という方々がお済ませになり、ぎりぎりまで待つ方々よりも先に、となるべくすいている時期を選ぼうと、たいてい3月になってすぐに行くのですが、今年はちょっと遅くなってしまい、駆け込み申告ですごく混んでいるかしらと心配だったのです。申告書の提出自体には時間はかかりません。ご存じの方も多いと思いますが、記入すべきところに書き込みがあるかどうかの確認をして受付印を押されるだけですので一人当たりの時間はすごく短いのです。でも数にはかなわないでしょう。厭になるくらい待ったことはないのですが、それでもねぇ。なるべく空いてそうな時期を選びます。でも数年前からオンライン申告ができるようになったので、実際申告用紙を税務署まで持参される方も減っているのでしょうね。もちろん郵送されるかたもいらっしゃるだろうし。
 とにかく昨年度分は完了。すっきりしました。
[PR]
by chloe_patricia | 2008-03-14 11:34 | ひとりごと

2008年 第十一火曜日

d0143662_1547123.jpg 先週に続いて道化師模様です。これは色を選んだ時から完成した時まで、思い通りの仕上がりです。
 カード巻きの状態の糸で色あわせをして、これに決まり!と思っても、実際に作ってみるとまったく違った雰囲気になることも良くあります。刺繍のときの色あわせでも、全く違った色になってしまうこともあります。以前淡いひき茶の地にベージュの糸を合わせたつもりが、実際に刺繍をしてみるとピンク色になってしまいました。不思議ですね。
 さて、道化師のHarlequinですが、わたくしはハーレクィンと読みます。「謎のクィン氏」ではMr Harley Quinnとして登場しますので先週はハーレークィンとしました。でも翻訳はハーリ・クィンとされていたようです。外国語の固有名詞をカタカナに直すとき、困りますよね。最近ヴィクトリア女王とすることが多いようですが、イギリスの大手定期観光会社(現地発オプショナルツアーのこと)の日本語サイトでビクトリア駅とされているのもあります。またスペイン政府観光局で使われている地名の表記が通常日本で使われているものと違うものもあり、困ってしまう。

d0143662_162218.jpg 話が脱線しましたが、道化師と言えば由緒正しい紫と緑の衣装を思い浮かべます。(赤と黄色もそうなのですけれど)
というわけで、紫と緑でハーレクィン模様を作りました。アイデアは良かったのですが、中央の格子になる部分が暗すぎました。
 クリスティのクィン氏は七色の服を着ているように見えるということです。わたくしのクィン氏にぴったりの衣装を探すつもりでおりますので、もうしばらくハーレクィン模様は続きます。
[PR]
by chloe_patricia | 2008-03-11 16:33 | ゆびぬき

2008年 第十土曜日

d0143662_13334382.jpg
 昨日と同じ模様の色違いです。昨日の水色と黄緑は中央の格子の部分が陰影のように
見えるだけだったのに対して、今日のはくっきりと出ています。
 不思議なのが縁取りに使った淡い黄色が昨日のものと全く違う色に見えること。
ほとんど黄色が出てこず、生成り色になったのに気を良くして今回のにも使ったのですが
ピンクと相反してかくっきり黄色になりました。昨日のと見比べてみてください。
おまけに黄色は紫の補色です。淡い色なのでそれなりにまとまりましたが、意図した
出来ではありません。
 すっきりとした青海波も好きですが、最近はこの格子模様をよく作っています。
この模様をわたくしは道化師のハーレークィン模様と呼んでいます。だって、
マザーグースの本でハーレークィンもコロンバインもダイヤ柄の服を着ていましたもの。
 ハーレークィンと言えば、アガサ・クリスティの「謎のクィン氏」を思い出します。初めて
読んだのはたぶん中学生の時。道化師のハーレークィンなんて知らなかったものですから
(小学生の時にマザーグースを読んでいたのにねぇ)、関連付けができなくて本当の
面白さがわかりませんでした。読み直してみようと、The Mysterious Mr Quinの
電子書籍を探しています。
[PR]
by chloe_patricia | 2008-03-08 14:01 | ゆびぬき

2008年 第十金曜日

d0143662_1632023.jpg 日中はずいぶん暖かくなって
きましたね。春らしく仕上がったと
思っています。手持ちの糸の色と
好みの色、また想像力の問題で
くすんだ配色で作ることが多いの
ですが、これは明るくきれいに
出来ました。実は第七火曜日
の左側と同じ模様の色違いです。
色を変えるだけでずいぶん違った
雰囲気に仕上がりました。
[PR]
by chloe_patricia | 2008-03-07 16:44 | ゆびぬき

2008年 第十火曜日

 絹糸かがりのゆびぬきを作り始めて4ヶ月ほどたちました。今までは知り合いの方や
その方のお知り合いにいくつかお譲りしてきたのですが、オンラインオークションで販売
しようかと検討中です。exciteにもオークションサイトが併設されていますので、おそらく
そちらで出品することになりそう。でも、もう少し調査を続行します。
[PR]
by chloe_patricia | 2008-03-04 21:40 | ひとりごと