お針箱まわり
by chloe_patricia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


<   2008年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2008年 第二十二金曜日

d0143662_2329562.jpg お気づきの方もいらっしゃると思いますが、わたくしは紫と緑が好きです。単独でも美しい色ですが、2色合わせても映りがよく、大好きです。
 この写真の典型的な紫と白の幕のような紫色も好きですが、赤紫がかった暗い色、古代紫というのでしょうか、西洋風に言うとダークバーガンディー、あの色も好きです。昔、と言っても20世紀初頭くらいですね、こういう色のベルベットがはやったそうです。わたくしもいつかダークバーガンディーのベルベットのコートを作りたいと思っています。
[PR]
by chloe_patricia | 2008-05-30 23:43 | ゆびぬき

2008年 第二十一金曜日

 5月ももう少しで終わり。早いものですね。例年でしたらそろそろ休暇を取る頃なのですが、諸般の事情で昨年に続き今年も旅行はなしとなりました。あぁ。
 慣れているのでいろいろ便利という理由でロンドンをベースに2週間ほどというのが毎年のお決まりなのですが、2年も行かないとなるともう慣れているとは言えませんよね。初夏のイングランドは大好きです。普通だと長そでで涼しく快適に過ごせて、日照時間(雨はやっぱり降りますけれど)が大変長く、理想的な気候です。それに野外でのコンサートなどもたくさん開催されますし、ばらも咲くので行くなら5月末から6月が一番と思っています。きっと初夏のスコットランドも素晴らしいとおっしゃる方がいらっしゃると思うのですが、わたくしがスコットランドに足を踏み入れたのは1度きり、それも4月半ば、エジンバラのみでした。数日前は雪が降っていたというくらいの時でしたから、とても寒かったです。もう少し良い時候の時に周遊したいと思っているのですが、車を運転しないので未だ実現せずです。
 話が脱線した、というよりも、始まる前から違う方向に行ってしまったようです。今日お話したかったのは映画のミス・ポターをDVDで見たということです。北イングランドの湖水地方の風景がたくさん出てきてとても美しい映像でした。湖水地方はウィンダミアを拠点に3泊しかしたことがないのですが、自分が行ったことのある場所をテレビや映画で見ると、とても懐かしい感じがしますよね。わたくしは農園の生活には向いていませんので、いくら美しくても雄大な自然の中では日常生活は送れませんが、それでも休暇でもう一度、今度はもっと時間をかけて行ってみたいと思いました。
[PR]
by chloe_patricia | 2008-05-23 22:58 | 旅行

2008年 第二十金曜日

 日本刺繍の新しい図案を図案集から写そうと、久しぶりにスキャナーを出してきました。と・こ・ろ・が・AC電源アダプタがないのです。数年前に引っ越した後に使った記憶があるので、引越しのどさくさにまぎれて紛失したわけではないし、きっとどこかにあるはずなのですが見つかりません。でもかわりにどれに使うのかがが分からないアダプタが3つ出てきました。お・か・し・い。
 仕方がないので古き良きトレーシングペーパーを使うしかありません。スキャナーで読み取った画像は拡大や縮小が自在にできますから便利ですよね。色も付けられるし。あきらめずに、もう一度ACアダプタを探してみます。一度楽を覚えると、元には戻れません。
 肝心の図案ですが、まだ何にするか決めていません。鏡にしようかなとも思うのですが、紐と房を繍う自信がないし、無難な花の丸か宝尽くしあたりに落ち着きそうです。
[PR]
by chloe_patricia | 2008-05-16 22:28 | 日本刺繍

2008年 第二十火曜日

 水に落として動かなくなったPDAと同じものを購入しました。以前お話していたようにWindows Mobile 5ではMicrosoft Readerのアクティベーションができませんので、古いOSがどうしても必要だったのです。新品では当然ありませんから中古品をオンラインで購入しました。電子機器の中古品は少々不安だったのですが、とてもきれいな状態のものが届きました。
 さて肝心のアクティベーションですが、実は一筋縄ではいきませんでした。PCにつないでブックリーダーをダウンロードしたところまでは良かったのですが、アクティベーションが出来ません。 ??? エラーメッセージから判別するとどうやらPCがVistaであるのがいけないみたい... ???  そう言えば、たしかに去年の夏Vistaのに買い替えた時にアクティベーションができませんでした。それが理由で一番古いWindows 98Sのノートパソコンが処分できなかったのです。その後しばらく何度か試してみて、数ヵ月後にVistaでアクティベーションができるようになりましたが、98Sは結局処分しませんでした。今では骨董品とも言えそうな98Sのノートパソコンを引っ張り出してきて、どきどきしながら接続。ちゃんとできました。よかった。アクティベーションできたのもよかったけれど、古いPCを処分しなくてよかった。本当に。
 98Sをホストコンピュータに使えばできたということは、アクティベーションできない2つ目のPDAも使えるようになるかもと早速接続したのですが、できませんでした。アクティベーションができないのではなく、接続自体ができなかったのです。XPか2000でないと駄目だとエラーメッセージがでました。あぁ。結局ほとんど使っていないWindows mobile 5のPDAは処分することに決めました。買取業者を使うかオンラインオークションにするかは未定です。
 MS Readerが復活しましたので、買い込んでいた本を読み始めました。Carrie VaughnのKitty Norvilleシリーズです。最近はやりのパラノーマル。意外な展開を見せながらストーリーは進みますが、新鮮で面白い作品です。現時点では全部で4作品が発表されています。パラノーマルやダークファンタジーに抵抗の無い方ならきっとお気に召すと思います。
[PR]
by chloe_patricia | 2008-05-13 21:47 | 読書

2008年 第十九金曜日

d0143662_2233616.jpg
 おなじみ片身替りの青海波です。当初の予定とは異なり、大変暗い色にしあがりました。以前うすいピンクと淡いひき茶で作ったときも、2色が混じり合ってタイシルク風になったことがありましたが、今回も同じような結果になってしまいました。


d0143662_22165770.jpg 使った糸は下の写真です。色の組み合わせは悪くないと思うのですが、模様に問題がありました。以前は同色の濃淡で作っていたのですが、少々趣向を変えて異なる2色にしたのがそもそもの間違い、予期せぬでき上がりになりました。
[PR]
by chloe_patricia | 2008-05-09 22:20 | ゆびぬき

2008年 第十九火曜日

 連休最終日ですが、皆様いかがお過ごしでいらっしゃったでしょうか。わたくしは特にこれといった計画もなく、普段と変わらない普通の日常生活でした。
 ずっと待っていたLisa ShearinのArmed & Magicalが先日発売になって、読むのが楽しみだと書いていたのですが、このシリーズ2作目は期待したほどではありませんでした。1作目でもちょっと感じた絞り込みの甘さが、この2作目ではどうにもならない膠着状態となりました。次の作品(来年に出版されるようです)につなげるためか、登場人物の人間関係が大変曖昧な状態で進みます。「だから、どうするのよ!」 おまけにこの2作目のストーリーは完結していません。確かに続きものは次作につなげるためにわざと未決部分が残されていたりするのですが、これはそういう次元ではありません。話の途中でひとつの山場が終わったところで終わってしまいました。珍しい設定で、テンポもよく、本当に楽しみにしていただけに大変残念です。でもわたくしは続きものを読み始めるとよほどのことがない限り読み続けるので、きっと次の作品も読むだろうとは思いますけれど、お勧めの本とは言えなくなりました。
 さて、水に落としたPDAはメーカーから修理依頼の方法を教えてもらいましたが、結局新しいものを買うことにしました。新しいものといっても、本当の意味での「新しい」ものではありません。MS Windows Mobile 2003の新品は見つけられなかったので、結局中古品をオンラインで購入しました。水に落として動かなくなったのと同じHPのiPAQ h4150です。小さくて軽くて、片手で持つのにぴったり。ずっと使っていてなれているので、同じものを買うことにしました。ただもう少しスクリーンが大きければなお良いのですが、全体が小さいためこれは仕方がありません。連休明けの明日お支払をして、あとは届くのを待つばかり。水に落とす前に買って、まだ読んでいないMS Readerの電子書籍が何冊かあるのです。
[PR]
by chloe_patricia | 2008-05-06 18:00 | 読書

2008年 第十八金曜日

 以前指ぬきを指輪にしてほしいとご注文を受けたとお話しておりましたが、今回は別の方ですが、帯留めはどうかと打診されました。さぁ、困った...

1. 帯留めなんて使ったことがないので、ほどよい大きさというのがわからない。母のサンゴの帯留めをひっぱり出してきたものの、金具に帯〆を通すのと布で裏打ちされたところを通すのではすべりが違うから、少し大きめにしないといけないだろうけれど、「少し」ってどれくらい少し?

2. 基本的に指ぬきの高さを伸ばして、ぺたんこに押しつぶしたような形にすればなんとかなりそうだけれど、整形が大変難しい。おまけに裏打ちのバイヤス布がきれいに張れない。どうしようもないので糊貼りしたけれど、やはり仕上がりがいま一つ。

3. 針刺しを作ったときと同じで、指ぬきサイズではきれいな柄も、大きくすると感じが違うでき上がりになってしまう。またでき上がりの向きが90度変わるので、たとえば道化師柄も横向けに見ることになるから印象が変わってしまう。逆に青海波は正しい向きで仕上がるけれど。

 とりあえず試作品を一つ作ってみました。母の知り合いに着物業界の方が何人かいらっしゃるので、連休明けに見ていただいて改良点を教えていただきたいと考えています。完成品ができましたら、お目にかけたいと思います。 
[PR]
by chloe_patricia | 2008-05-02 23:01 | ひとりごと

2008年 第十八木曜日

d0143662_23223.jpg
 今年の牡丹は終わったのですが、おまけの芍薬が咲きました。
 本当は芍薬なんて、我が家にはなかったものです。それなのにどうして今年は芍薬の花が咲いたのでしょうか。一般に市販されている牡丹の苗は芍薬に接ぎ木をしたものです。我が家の9鉢の牡丹もこのタイプの苗からスタートしました。ところが残念なことに今年、そのうちの一鉢が枯れてしまったのです。でも枯れてしまったのは接ぎ木の牡丹の部分だけで、台木の芍薬は生きていて春先にどんどん芽が出てきました。でも花は無理かも知れないと思っていたら、小さな小さなつぼみが付いて、でもあまりにも小さなつぼみなので、やっぱり咲かないかも知れないと心配しておりましたが、ここ数日でどんどん大きくなって、今日ようやく花が開きました。一重の小さな花ですが、つぼみがあと2つついています。
 牡丹は花の王、芍薬は花の宰相だそうです。地植でないと芍薬は長生きしないと聞きましたが、大事にしてやりたいと思っています。
[PR]
by chloe_patricia | 2008-05-01 23:18 | 牡丹