お針箱まわり
by chloe_patricia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


<   2009年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2009年 第二十二木曜日

d0143662_0223898.jpg
 以前ご紹介した虹の針山をお買い上げいただきました。指ぬき以外でお買い上げいただいたのは初めてです。わたくしのEtsyでの売上は非常に悪く、販売サイトというよりも発表会のようなものですが、それでも時々、非常にまれですがお買い上げくださる方がいらっしゃいます。ありがたいことです。
 わたくしのお店をお気に入りに登録してくださった方も今では34人になりましたし、
yahoo!の指ぬきの会も会員は50人を超えました。もっともお気に入りはワンクリックで皆さん気軽になさっているでしょうし、指ぬきの会のメンバーの大部分はてまりの会からですから一概には言えませんが、それでも日本の絹糸かがりの指ぬきは少しづつ知名度をあげているのです。ちょっと大げさですね :)
 さて、新しい試みとして同じ色で模様違いを指ぬきサイズで作ることにしました。まずは基本からということで2色でうろこ模様を作ったのですが、実は2色うろこを作るのはこれが初めてです。たいていこの模様から始める方が多いと思いますが、わたくしの初作品は青海波でした。今でも手元にあります。思えばずいぶん進歩したものです。
[PR]
by chloe_patricia | 2009-05-28 00:39 | ゆびぬき

2009年 第二十一火曜日

d0143662_8575990.jpg
 前回のナプキンリングは単調だと文句を言い続けておりましたので、ちょっと気分を変えて明るく華やかに。やはりこの模様、好きです。
 ナプキンリングを作っていると、いつもの指ぬきを作るのがちょっと面倒に感じる時があります。おかしいでしょう。はるかに大きいナプキンリングではなく、小さな指ぬきが面倒だなんて。すぐに一周して、すぐに色を変えて、すぐにできてしまうのが理由のようです。特に色変えが面倒ですね。以前は糸を変えるときは必ず針を抜いていたのですが、それが面倒なんです。針をつけたままだと、思っていたほどではないにしても糸が絡まりますし、それに糸が短くなりますから限界がありますでしょう。それに小さいので模様にも制限がありますし。
 さて、次は何を作りましょうか。
[PR]
by chloe_patricia | 2009-05-26 09:09 | ゆびぬき

2009年 第二十一木曜日

d0143662_19455828.jpg
 今日で今期3回目の日本刺繍のクラスです。ほとんど進んでいません。あと3回で春のクラスが終わり、そのあとは秋までお休み。お休みの間は絶対に一人では刺さないのはわかっているので、クラスのあるうちにもう少し頑張らないといけません。わかってはいるのですけれどねぇ。
 今期は参加される方が多く、定員30名のところ増員して36名でのクラスです。日本刺繍もはやっているようですね。
[PR]
by chloe_patricia | 2009-05-21 19:53 | 日本刺繍

2009年 第二十日曜日

d0143662_22585131.jpg
 ようやくナプキンリングが完成しました。左から2つ目の基本形の青海波の線の入れ方をいろいろ変えての6個組みです。着眼点は良かったと思うのですが、糸をくぐらせての模様ですから時間がかかりましたし、それに同じ色でほとんど同じ模様ですから、作っていて代わり映えがしませんでしょう、なかなか進みません。右側の2つは本当は両脇の部分も中央に揃えるべきなのですが、力尽きてしまいました。あぁ。
 それにしてもこの写真はどうして輪郭線がびびっているのでしょう。ぎりぎりまで切り落としましたので、509x285pixelで51.6KBです。余裕のサイズのはずなのですけれど。
d0143662_22522113.jpg
 おまけの拡大写真です。次に作るときは羽の部分の色を地色と変えてみましょうか。6色使いの羽にするとか。手間がかかって泥沼状態と文句を言っていましたのに、また作ってしまいそうです。
[PR]
by chloe_patricia | 2009-05-17 23:17 | ゆびぬき

2009年 第二十木曜日

d0143662_015390.jpg
 もともとこうなるはずではなかったのですが、花綱と名付けた針山です。縁の縫い目がびびっていますでしょう。普段針山はアルミホイルの紙芯を土台に再生していますが、これはラップの芯を使っています。アルミホイルよりもラップの芯のほうが分厚いのです。普段薄い土台に慣れているわたくしにとって、これほど分厚い土台はかなり勝手が違いました。
 そもそもこの模様に行き着いたのはYahooグループの方が指ぬきの作り方のページのpdfファイルを送ってこられて、図の中のこのマークは何かと尋ねられたのが事の始まりでした。等分マークとして使われている弧のことでした。おそらくてまりの本をスキャンされたのだと思うのですが、なかなか理解するまで時間がかかる説明と作図でした。泥沼化しているナプキンリングからのよい気晴らしと思って作り始めたのですが、3周したところで間違いに気付きました。よく見ればわかったはずのことですが、自分の失敗を慣れていない図のせいにしています。3周なのでほどこうかとも思ったのですが、やはり土台が弱りますからそのまま続けることにしました。なんとなく漠然とした仕上がり予想図は思い浮かんでいたので、本当にそうなるか確認したかったのです。ほぼ予想通りに仕上がりました。
 わたくしにしてはちょっと珍しい色合わせでしょう。普段ならピンクではなく、明るい茶から黄土へのグラデーションにしていたところです。マンネリ脱出を図ったのですが、少々複雑。許容範囲内にある色合わせなのですが、これからもこのピンクを使うかどうかは少々疑問です。

 3組目のナプキンリングがなかなか進まず泥沼化しています。やっと6個組みの5つ目に取り掛かりました。アイデアは良かったのですが、2色使いでほぼ同じ模様というのは大変単調です。またくぐらせたのが災いしていやいや病にかかってしまいました。出来上がるまでしばらくかかりそうです。
[PR]
by chloe_patricia | 2009-05-14 00:38 | ゆびぬき

2009年 第十九土曜日 

d0143662_23524392.jpg
 玄関のリースをバラに替えました。左下がちょっと重いですよね。直さないと。
 軒の深い家というわけではありませんが、家の中にまで深く陽が差さないので今日は少し肌寒いくらいでした。冷夏は困るのですけれど、暑さが苦手なわたくしはこれくらいの温度が夏中続いてくれるとうれしいのですけれど...
[PR]
by chloe_patricia | 2009-05-09 23:53 | ひとりごと

2009年 第十八金曜日

d0143662_18163229.jpg
 今日は予報では25度になるとか。でも北海道も25度とか言っていましたけれど。このあたりで5月の連休中に夏日になるのは例年通り。やっと「普通」に戻ったのでしょうか。
 冬の間ずっと咲き続けていたヴィオラがまだ咲いています。昔ながらの三色スミレもこれも冬の花として売られていますけれど、よく考えるとスミレは春の花ですよね。ヨーロッパの気候とは違うということかしら。いちごも冬から春にかけて出回りますが、ウィンブルドンの時期がいちごのシーズンですもの。夏の暑さが苦手なわたくしにとっても、日本は穏やかな気候でありがたいことでございます。
[PR]
by chloe_patricia | 2009-05-01 18:26 | 花盛り