お針箱まわり
by chloe_patricia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


<   2009年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2009年 第四十二土曜日

d0143662_9311478.jpg
 針山(小)にするつもりで、いつもの指ぬきサイズよりも少し大き目、日本刺繍の釜糸の紙芯にさらに紙を巻いたものを型にして作りました。今回も適当にどんぶり勘定で作り始めましたので、グラデーションの部分を1マスの「約」半分のところで終わりにしましたから、背景の緑の部分と数があうか心配になりましたが、それなりに一致しました。こういう模様を作る時はきちんと何周できるか確認してから作らないといけないのですけれど、ちょっと面倒だったので。当初イメージしていたものよりも薄ピンクの部分が多いものになってしまいました。でもこれはこれですよねぇ。
 なかなか可愛らしい模様ですから、しばらくは色違いで作ってみるつもりです。
[PR]
by chloe_patricia | 2009-10-31 09:42 | ゆびぬき

2009年 第四十一水曜日

d0143662_2321552.jpg
 随分前にご紹介した椿の刺繍をようやく仕立てました。始めはファスナーをつけた小物入れにでもするつもりだったのですが、やはりすれて傷みやすいので、小箱の蓋にすることにしました。

d0143662_23325358.jpg
 箱本体はプラスティックの綿棒のケースを型にしました。箱の内側のあたりが柔らかいように、共布の絹の下に綿キルト芯を一枚かましています。内底も同様にキルト芯入りです。他は基本的に針山を作った時と同じ要領で輪に底をつけて、綿キルト芯を巻いて指ぬきと同様にかがるだけです。

d0143662_23343697.jpg
 厚みが4センチほどありますので糸の渡りが長いため扱いにくく、また糸もいつもの9号を使いましたのでなかなか進みませんでした。秋の刺繍教室が始まる前に前回の作品展がありましたが、この小箱を出品して最優秀賞をいただきました。刺繍の出来よりも箱自体にかけたエネルギーに対していただいたのではないかとも思っているのですが、ありがたいことでございます。
[PR]
by chloe_patricia | 2009-10-28 23:42 | ゆびぬき

2009年 第四十一土曜日

d0143662_20165811.jpg
 これといった理由のないまましばらくお休みをしておりましたが、その間様子を見に来て下さった皆様、ありがとうございます。なんとなく記事更新するきっかけを逃したというのでしょうか、記事にするほどの出来事もなく、恰好よくいうとブログの意義と方向性を再考しておりました。正直に申し上げるとさぼっていたのです。
 あまり変化のない生活をしておりますが、最近玄関のリースを変えましたのでご覧いただきましょう。ズーム機能は解除したはずなのですが、やはり歪曲していますねぇ。どうしてでしょう。わたくしのような者には昨今の高機能の電気製品は手に余ります。
[PR]
by chloe_patricia | 2009-10-24 20:26 | ひとりごと