お針箱まわり
by chloe_patricia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


<   2010年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2010年 第五日曜日

d0143662_22521160.jpg
 枠を作ったままになっていた針山(中)を完成させました。輪を作るのは楽しいのですが、クッション部分を作るのは実は大嫌いなのです。ウールのコート地を使っていますが、厚紙の底になる円を布でくるんで、それとは別にぐし縫いにした布に共布をぎゅうぎゅう詰めにして、底と合体させるように縫いつけます。もっと効率の良い作り方がきっとあるはずだと思うのですけれど...またウールのコート地は裁断すると細かい細かい糸がたくさん出て、大変なことになるのです。針山(小)のクッション部分もまだまだ作らなければ行けません。輪を作るのは楽しいのですけれどねぇ。
 なぜ急に延ばし延ばしにしていた針山を完成させたかと申しますと、とある方のブログに手芸材料や型紙、本をため込むのをやめて、2010年はそれを使って実際に何かを作ろうというチャレンジを見つけたからです。なにぶん2日前に読んだものでこれといったことはできません。また針山のクッションを作ったところでため込んでいた物は全くと言ってよいほど減りませんけれど、とりあえずのスタートです。1ヶ月に1つ、何かを作ろうという試みです。着々と完成作品をブログに掲載されている方々には無縁のことでしょうけれど、作りかけのもの、作ろうと思っているもの、作れれば良いなと思うもの、作ろうと思って買った材料、なんとなく素敵で買ったもの、もらったもの、いろいろなものをため込んでいます。1年かけてどれだけ減るか、いえ、もっと積極的に、1年かけてどれだけ作れるかやってみたいと思っております。
[PR]
by chloe_patricia | 2010-01-31 23:08 | やらなくちゃプロジェクト

2010年 第四月曜日

 何もしないうちに1月も終わりに近づいています。それほど大きな出来事がないというのは平凡ながら幸せなことなのですが、それでもあっという間の1ヶ月です。

 昨年amazonのブックリーダーkindleが国外向けにも発売可能となったのは良いのですが、本自体が地域制限を受けていてアメリカとカナダ以外には販売しないものも多く、結局のところ買うだけの価値はないという結論に達しました。有名作家の本のほとんどは地域制限を受けています。紙の本を買わないことにしたわたくしのような者にとっては大変な痛手です。また電子書籍のフォーマットも淘汰されたようで、わたくしの好きなMS Readerは負けてしまったもようです。王道はamazon独自のkindleとeReader、そしてMobipocketとなったようです。最近ePubというヨーロッパで主流のフォーマットも見かけるようになりました。MS ReaderはユーザーIDをもとにリーダーを登録するので、ブックリーダーを新しく買い替えてもユーザー登録を更新するだけで以前にダウンロードしたものがそのまま読めます。Mobipocketはダウンロードする際にどのブックリーダーで読むのかが限定されるので、ブックリーダーを買い替えるとすべての本をダウンロードしなおさなければいけません。だからMS Readerが好きだったのですが、いたしかたありません。

 今月の指ぬき拝見会は21日に締め切りました。今回の参加は6名で全部で9点です。まだまだ少ないのですが、それでも6名のうち3名は初めて作ったという方々。少しづつ指ぬきの輪が広がっています。
[PR]
by chloe_patricia | 2010-01-25 15:02 | ひとりごと

2010年 第三金曜日

d0143662_10335866.jpg
 1月も半ばとなりました。週一度のブログ更新をと思っていたのに早々と挫折いたしましたが、2週間毎日どなたかが見に来て下さっていました。ありがとうございます。
 さて年始のゆびぬき(本当は針山ですが)はおなじみの模様です。変わり映えがしない模様と色ですが、好きなのですもの。赤と白と金糸です。
 今まで使っていた赤色の糸ではなく、色名が番号ではなく「赤」と名づけられた赤です。朱色と呼びたくなる色で今まで敬遠していたのですが、今回初めて使ってみました。実際に使ってみるとそれほど気になるほどではないのですが、以前の赤と並べますとやはり前の色の方が色に丸みがあるように思います。
d0143662_10481032.jpg
 これは12月から始めた「ゆびぬき拝見会」の参加者のくじ引きに当たった方が選ばれた針山です。年末ぎりぎりにポルトガルに向けて発送いたしました。そして年が明けて4日に別の方が同じものお求めくださいました。初売りです。ほとんど売上のない店ですのでお買いあげいただくと大事件です。この方は指ぬきを集めていらっしゃるとか、またわたくしの作った針山もお気に召したと連絡をいただき、幸先の良い1年です。

 多分11月だったと思うのですが、2月の7つの交換会というものに参加申し込みをしました。2人1組で2月に毎日1つづつ包みを開けていくという交換会です。主催者に名前とブログサイト、住んでいる場所を知らせると交換相手のパートナーを紹介されます。あとはメールで自己紹介や住所、何色が好きかとか細かいことをいろいろやり取りして、プレゼントを用意するともの。わたくしの交換相手はイギリスの編み物をなさる方です。小さなぬいぐるみや小物を編んで販売もされています。いろいろ考えましたけれど、最終的には「それほど真剣に考えなくても、まぁ、いいか」とちょっと投げやり。梅の模様の一筆箋と生け花の絵葉書で1日分、あぶらとり紙3つ、和風模様のハンカチ、そして針山(小)を4つで合計7日分です。こんな小さな針山を4つもらってどうするのかという意見もありましたけれど、可愛らしいからかまいませんよね。本当は針山7つになるところだったのですもの。絵葉書やハンカチもみんな合わせて写真を撮ってから送ろうと思っていたのですが、例のごとく写真を撮るのを忘れてしまいました。作った指ぬき類はすべて写真を撮ると決めているのですが、その写真すらありません。最近うっかりというのが多いのです。大問題。

 順番が前後していますが、今月も指ぬき拝見会を開催しています。こちらからFlickrにジャンプします。先月の写真ものこっていますので全部で20枚ありますが、今月の作品はわたくしのものを含めてまだ6枚です。新しい方も参加してくださっていますので、是非見ていただければと思っております。皆様もご参加くださればもっと嬉しいです。

 ほうぼうのブログにお邪魔していて見つけた手芸販売のサイトなのですが、ちょっと面白いのでご紹介を。Herrschnersというアメリカの会社です。このページはフェルトで作るクリスマスストキングが紹介されています。暖炉の前に靴下をつるすというあれです。クリスマス後ということでほとんどがセール価格販売になっているのですが、海外発送の送料が高いのが問題。でも見ているだけでも楽しいですよ。わたくしが見たブログではピンクの妖精のを作られていました。現在70%完成とか。原則として既にカットされているフェルトを縫いつけるらしいのですが、フェリシモなどにありがちな簡単にできるものではなく、細かい作業が山ほどあるそうです。わたくしのお気に入りはCruising Santa、バイクに乗ったサンタクロースです。サンタもトナカイも黒のサングラスをしています。

 随分前になりますが、タティングのシャトルを買ったことをお話しましたかしら。去年の夏ごろだったように思うのですが、未だに手つかずです。よくありがちなことなので、それほど驚くことではないのですが、これも今年の「やらなくちゃプロジェクト」の一つです。1年に25のモチーフを作ろうという会を主催されている方がいらっしゃいます。こちらの方なのですが、自分のブログに作品の記事を書いて、この方の記事にコメントとしてリンクを残すことで参加できるというものです。参加してみたいと思っているのですが、すでに今年は二十四分の一過がぎています。やっぱり無理かも...

 長々とお付き合いいただきありがとうございます。この調子で今年もとりとめのないことを皆様に聞いていただくことになると思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。
 
[PR]
by chloe_patricia | 2010-01-15 11:32 | ゆびぬき