お針箱まわり
by chloe_patricia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31


<   2010年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2010年 第五十三金曜日

d0143662_23245445.jpg
 早いもので2010年も残りあとわずかとなりました。週一度の記事更新を目指して折りましたが思うようにはいかず、それでもつたない独り言の記事を見に来て下さる皆様のおかげで今年もブログを続けることができました事、お礼を申し上げたいと思います。来年こそは定期更新をと目標を定めておりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。末筆ではございますがどうぞ良いお年をお迎えください。 C.P.
[PR]
by chloe_patricia | 2010-12-31 23:34 | ひとりごと

2010年 第五十二金曜日

d0143662_21483953.jpg
 以前からずっと手まりを作ってみたいと思っておりました。人形屋さんのディスプレイウィンドウのつやつやの絹糸かがりの手まりがあこがれでした。図書館で作り方の本を手にとってはいたのですが、今一歩が踏み出せない状態で、手まり作りは「やりたいなプロジェクト」のリストに長年載ったままでした。
 今まで作らなかった理由の一つが手まりの大きさです。一般的な手まりは大きすぎるのです。何をするのに大きいのか、おわかりになります?収納です。いち早く電子書籍に切り替えたのも収納が大きな理由でした。大きくかさばる手まりを作り始めると家じゅうが手まりだらけになってしまいます。特に最初にうちはどなたかに差し上げるほどの出来上がりになるわけがなく、手元にたまる一方です。そんな時に知ったのがミニ手まりでした。
d0143662_21582348.jpg
 別の目的に使うつもりで撮った写真なので、比較する物がイギリスの1ポンド硬貨で申し訳ありません。直径が大体22ミリの硬貨です。この大きさならいくつ失敗作を作っても大丈夫、空き箱の中にたっぷりしまえます。でも初めての手まりにしては、それほど悪くないとこっそり思っております。
 前回の記事にコメントしてくださったぴゃらりんさんが薦めていらっしゃった本を図書館で取り寄せてもらって(我が家から一番近い図書館は手芸関係の本の取り揃えが非常に悪いのです)、今日早速作りました。地巻きというのでしょうか、表面に巻いた糸は60番のミシン糸で、かがりに使ったのは9番の絹手縫糸です。手まりが小さく、また糸の太さに差があまりないため、どうもすっきりとした仕上がりになりません。もっと細い糸を地巻きに使うしか方法がないのでしょうか。日本刺繍の釜糸を検討中です。ミニチュア手まりをお作りの方、お知恵拝借できませんでしょうか。
[PR]
by chloe_patricia | 2010-12-24 22:15 | やらなくちゃプロジェクト

2010年 第四十九月曜日

d0143662_2147388.jpg
 先日お話していた青灰色を使った物です。思ったより中央部が青くなりました。背景は白と銀のつもりだったのですが、白は少し強すぎるような気がして、ピンク味のある銀鼠と薄い薄いピンクを使いました。
 最近また使う色が限られてきています。自分ひとりで作っていると偏った色ばかり使ってしまい、同じようなくすんだ色ばかりになっています。次はもう少し明るい、華やかな色を使って見ます。
[PR]
by chloe_patricia | 2010-12-06 21:52 | ゆびぬき

2010年 第四十九金曜日

d0143662_123326.jpg
 以前お目にかけた針山です。縞部分の緑をもっと茶味の強い糸にした方が良かったかもと思っていたのですが、先日刺繍教室に(自慢しようと)持って行ったところ、講師の先生のお一人がエメラルドグリーンを少し混ぜると良いとおっしゃいました。意外な色を提案されたと思いましたが、この先生とは色の好みも似ておりますし、何といっても色合わせに関しても専門家ですから、どういう風になるのか実際に作ってみました。

d0143662_1284935.jpg
 これがもともとの濃い緑一色で作ったものです。確かに暗い感じはします。

d0143662_121099.jpg
 次に青磁を一周加えました。提案された色はエメラルドグリーンでしたが、ちょっと強すぎるのではないかと思ったのです。と言いますのも、糸の太さと一周分すべて色が出るという事をわかっていらっしゃらないだろうと考えました。刺繍される際は糸はいくらでも細くできますし、また欲しい部分にだけ挿し色として加えられますでしょう。ということで敢えて色のトーンを落としました。
 なかなか興味深い体験でした。濃い緑を2周した後に青磁を一周、この時点で全体が明るい緑一色で3周したかのような印象を受けました。そこに金糸を加えると紫の部分と相まって、孔雀の羽根を思い浮かべました。孔雀は青と緑ですけれど、イメージが孔雀の羽根だったのです。でも濃い緑を足すと、また印象は変化しました。色の相乗効果と目の錯覚の両方なのでしょうけれど、本当に不思議です。もしかしたら、もっと強烈なエメラルドグリーンでもいけるかもしれません。

d0143662_12203194.jpg
 青磁をエメラルドグリーンに替えたものです。写真はちょっとぶれていますが、まばゆいほどの緑と金の縞になりました。

何人かに意見を聞きましたが、華やかになったからエメラルドグリーンが良いという方と、焦点が紫の矢車からそれるという理由で初めの一色の物が好きだというう方にわかれました。わたくしは青磁が一番好きで、次が初めの濃い緑だけのもの、エメラルドグリーンはちょっと強すぎるように思います。

d0143662_12301881.jpg
 色違いでもう一つ。今度は銀糸です。縞の部分の刺し方も少し変えました。矢車のサンゴ色とちょっと合わないような感じがします。今もう一つ作っていますが、それは青灰色です。バックの縞を白と銀にしようかと思っていますが、どうしたものでしょう。色合わせは本当に難しいです。
[PR]
by chloe_patricia | 2010-12-03 12:35 | ゆびぬき