お針箱まわり
by chloe_patricia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


タグ:ゆびぬき ( 102 ) タグの人気記事

2009年 第三十二金曜日

d0143662_8501770.jpg
 金属糸に再度挑戦です。今回は銀糸を使いました。前回よりもおさまりは良いと思うのですが、思っていたものとは違う出来上がりになりました。なかなか期待通りにはいきません。また手縫い糸よりも銀糸が細いので、かがり目のところに隙間ができてしまいます。これも今後の課題です。不思議なことにかがり目を意識すると、逆に不揃いになるような気がするのですけれど、意識しすぎなのでしょうか。
[PR]
by chloe_patricia | 2009-08-14 08:56 | ゆびぬき

2009年 第三十一月曜日

d0143662_9321190.jpg
 いつも通りの色遣いでいつも通りの模様を作ったのですが、今回は金糸を使いました。
9番の手縫い糸よりも細いのですが、手元にあったのは一掛金糸のみ。どうしようかと思いましたけれど、前から刺繍の教室の先生にも金糸を使ったらとすすめられていたので敢えて決行。結果は逆に細くて良かったのかもしれません。金糸は苦手な素材です。糸と同じ太さだったらどうにもならなかったかもしれません。もちろん一金でも十分にてこずりました。
 今回使った金糸は絹糸の芯に金箔を螺旋状に巻きつけた本物の金糸です。摩擦に弱く、表面の金箔だけ剥がれやすく、でも糸は硬いという難もの。かがるのに大変苦労しました。手間がかかった割に満足度の低い作品なのは色に問題があるためです。全体にテカテカコテコテとした仕上がりになりました。この緑と薄茶の組み合わせは好きな色遣いで以前からよく使っていましたが、今回は枠取りの茶色が濃すぎたようです。いつもはもっと薄い茶色と薄黄色です。でも茶色の色がもっと薄くても、きっとテカテカしたものになっていたでしょうね。だって金糸ですもの。次回は絶対に間違いのない色合わせ、白か生成りに金を合わせます。
 実はこれ、いつもの指ぬきサイズではないのです。6センチ弱の円筒を型にして、いつもよりも胴体を膨らませました。真綿ではなく、綿のキルト芯3重巻きです。写真に撮るまで気づきませんでしたけれど、模様の交差部分にけばが目立つのはそのためです。真綿はしっかりと巻くとかがる時に糸が食い込むということはありませんが、しつけをして押さえるようにしていてもキルト芯では糸の引き加減が難しいです。特にこの模様は1色である程度かがってから色を変えるので、たとえばうろこ模様のように一度に全体を均等に糸で押さえられません。全体を均等にしつけ糸でいつものようにいったんかがってから色糸で刺し始めて、そして色を変える時にしつけをほどいたほうが良いのかもしれません。土台が痛むので普段ほどいてやりなおしはしない方針なのですが、ちょっと考えたほうが良いかもしれません。
 指ぬきよりは大きいのですが、アルミホイル芯よりははるかに小さい。小型針山にするつもりです。わたくしは真剣な縫物をしませんので指ぬきサイズで小型針山と思っていたのですが、ヘビーユーザーの方もいらっしゃいますので、サイズ設定を再考することにしました。というわけでこのサイズは極小、アルミホイルは小、トイレットペーパーは中、というところで大は何を芯にしたらよいのでしょう。皆様のお知恵を拝借したいです。
[PR]
by chloe_patricia | 2009-08-10 10:58 | ゆびぬき

2009年 第二十八月曜日

d0143662_10241867.jpg
 確かこれはご覧いただいたことがないはずだと思います。以前Yahoo!指ぬきグループの方から、作り方説明図を説明してほしいと頼まれた時に見せられたものをもとに作ったものです。どうやら手まりの本のコピーだったようで、なれない説明の仕方にてこずり、3回ほど誤解して、全然違う模様を作ってしまったもののオリジナルです。回りくどい説明ですけれど、要はわたくしはあまり賢くなく、理解力と応用力にかけるということです。 
 特大アップでお見せするほどの出来ではないのですが、ブレスレットにしましたので全体が入った写真にすると何なのかがあまりわからなくて。幅は1.5センチですが、円周が大きいので土台をしっかりしたものにしないと、と試行錯誤(というほどでもありませんけれど)した結果、クリアフォルダというのかしら、投げ込み式の2辺があいているものです、あれを切って紙の代わりにしました。いつもより分厚い目に巻いて、それでも不安だったので、細めに切ったハガキを中央部にさらに巻いて、とりあえずこれで行ってみよう!と作ったのですが、出来上がりはまだ弱かったのです。困るほどではないのですが、強い力を加えるとしなうのです。今後の課題ですね。
[PR]
by chloe_patricia | 2009-07-20 10:50 | ゆびぬき

2009年 第二十七月曜日

d0143662_2253735.jpg
 この1ヶ月ほどこれといった指ぬき作りをしておりません。暑さのせいもあって、なんとなく気が乗らなくて、いくつかは作ったのですけれど、あまり... 細かく入り組んだ模様を作ろうとすると、小さな指ぬきサイズではどうもうまくいきませんので、トイレットペーパーの紙芯を土台にしたサイズで作ろうとするのですが、途中で失敗に気づいたり、色遣いが思ったように行かなかった時、針の進みがおそくなり、一度中断したりすると再度取りかからなかったりと、このサイズだとなかなか完成しないのです。今も「あともう少し」という状態のものが3つあります。
 この写真は気分転換に作ったものです。矢印みたいで楽しい柄でしょう。次はもっと明るい色で作ってみましょうか。
[PR]
by chloe_patricia | 2009-07-13 23:04 | ゆびぬき

2009年 第二十五火曜日

 指ぬきを作るようになって、そしてできた作品を販売するようになって、いろんな方とお知り合いになれました。といっても実際にお目にかかったことはもちろんありません。メッセージのやり取りといったネット上のお付き合いです。
 わたくしたち日本人も外国の手工芸をしますから驚くほどのことではないのですが、てまりや絹糸かがりの指ぬきを作っていらっしゃる外国の方がたくさんいらっしゃいます。今朝も以前お買い上げいただいた方のご紹介で絹手縫い糸の注文をいただきました。小さなてまりを作るために細い糸を探していらしたのだそうです。人脈というのはありがたいものですね。
 本当は完成作品をお求めいただいたほうが製作者としての満足感ははるかに高いのですが、最近のお買い上げは糸や真綿が多いです。一時期ビーズをしていた時がありまして、わたくしも完成作品ではなく素材を購入していましたから、当然の成り行きかもしれません。
 最近完成作品を見ていただいていませんね。このところ少々スランプ気味でこれといったものができません。でも今作っているものができたら、久しぶりに皆様にご覧いただきましょうか。
[PR]
by chloe_patricia | 2009-06-30 09:24 | ひとりごと

2009年 第二十二木曜日

d0143662_0223898.jpg
 以前ご紹介した虹の針山をお買い上げいただきました。指ぬき以外でお買い上げいただいたのは初めてです。わたくしのEtsyでの売上は非常に悪く、販売サイトというよりも発表会のようなものですが、それでも時々、非常にまれですがお買い上げくださる方がいらっしゃいます。ありがたいことです。
 わたくしのお店をお気に入りに登録してくださった方も今では34人になりましたし、
yahoo!の指ぬきの会も会員は50人を超えました。もっともお気に入りはワンクリックで皆さん気軽になさっているでしょうし、指ぬきの会のメンバーの大部分はてまりの会からですから一概には言えませんが、それでも日本の絹糸かがりの指ぬきは少しづつ知名度をあげているのです。ちょっと大げさですね :)
 さて、新しい試みとして同じ色で模様違いを指ぬきサイズで作ることにしました。まずは基本からということで2色でうろこ模様を作ったのですが、実は2色うろこを作るのはこれが初めてです。たいていこの模様から始める方が多いと思いますが、わたくしの初作品は青海波でした。今でも手元にあります。思えばずいぶん進歩したものです。
[PR]
by chloe_patricia | 2009-05-28 00:39 | ゆびぬき

2009年 第二十一火曜日

d0143662_8575990.jpg
 前回のナプキンリングは単調だと文句を言い続けておりましたので、ちょっと気分を変えて明るく華やかに。やはりこの模様、好きです。
 ナプキンリングを作っていると、いつもの指ぬきを作るのがちょっと面倒に感じる時があります。おかしいでしょう。はるかに大きいナプキンリングではなく、小さな指ぬきが面倒だなんて。すぐに一周して、すぐに色を変えて、すぐにできてしまうのが理由のようです。特に色変えが面倒ですね。以前は糸を変えるときは必ず針を抜いていたのですが、それが面倒なんです。針をつけたままだと、思っていたほどではないにしても糸が絡まりますし、それに糸が短くなりますから限界がありますでしょう。それに小さいので模様にも制限がありますし。
 さて、次は何を作りましょうか。
[PR]
by chloe_patricia | 2009-05-26 09:09 | ゆびぬき

2009年 第二十日曜日

d0143662_22585131.jpg
 ようやくナプキンリングが完成しました。左から2つ目の基本形の青海波の線の入れ方をいろいろ変えての6個組みです。着眼点は良かったと思うのですが、糸をくぐらせての模様ですから時間がかかりましたし、それに同じ色でほとんど同じ模様ですから、作っていて代わり映えがしませんでしょう、なかなか進みません。右側の2つは本当は両脇の部分も中央に揃えるべきなのですが、力尽きてしまいました。あぁ。
 それにしてもこの写真はどうして輪郭線がびびっているのでしょう。ぎりぎりまで切り落としましたので、509x285pixelで51.6KBです。余裕のサイズのはずなのですけれど。
d0143662_22522113.jpg
 おまけの拡大写真です。次に作るときは羽の部分の色を地色と変えてみましょうか。6色使いの羽にするとか。手間がかかって泥沼状態と文句を言っていましたのに、また作ってしまいそうです。
[PR]
by chloe_patricia | 2009-05-17 23:17 | ゆびぬき

2009年 第二十木曜日

d0143662_015390.jpg
 もともとこうなるはずではなかったのですが、花綱と名付けた針山です。縁の縫い目がびびっていますでしょう。普段針山はアルミホイルの紙芯を土台に再生していますが、これはラップの芯を使っています。アルミホイルよりもラップの芯のほうが分厚いのです。普段薄い土台に慣れているわたくしにとって、これほど分厚い土台はかなり勝手が違いました。
 そもそもこの模様に行き着いたのはYahooグループの方が指ぬきの作り方のページのpdfファイルを送ってこられて、図の中のこのマークは何かと尋ねられたのが事の始まりでした。等分マークとして使われている弧のことでした。おそらくてまりの本をスキャンされたのだと思うのですが、なかなか理解するまで時間がかかる説明と作図でした。泥沼化しているナプキンリングからのよい気晴らしと思って作り始めたのですが、3周したところで間違いに気付きました。よく見ればわかったはずのことですが、自分の失敗を慣れていない図のせいにしています。3周なのでほどこうかとも思ったのですが、やはり土台が弱りますからそのまま続けることにしました。なんとなく漠然とした仕上がり予想図は思い浮かんでいたので、本当にそうなるか確認したかったのです。ほぼ予想通りに仕上がりました。
 わたくしにしてはちょっと珍しい色合わせでしょう。普段ならピンクではなく、明るい茶から黄土へのグラデーションにしていたところです。マンネリ脱出を図ったのですが、少々複雑。許容範囲内にある色合わせなのですが、これからもこのピンクを使うかどうかは少々疑問です。

 3組目のナプキンリングがなかなか進まず泥沼化しています。やっと6個組みの5つ目に取り掛かりました。アイデアは良かったのですが、2色使いでほぼ同じ模様というのは大変単調です。またくぐらせたのが災いしていやいや病にかかってしまいました。出来上がるまでしばらくかかりそうです。
[PR]
by chloe_patricia | 2009-05-14 00:38 | ゆびぬき

2009年 第十七水曜日

d0143662_0395583.jpg
 大きなものはしばらく作らないと言っていたのに、ナプキンリングの5つ目ができました。あと1つでセットが完成しますが、何色にするべきでしょう。少し写真がボケていますが左から順に青、橙、緑、濃鼠、赤紫です。本当は茶といきたいところですが、緑と橙が調和を乱しているのです。もう少し濃い色にするべきでした。
 最後の1つができたら、また大作ですがブレスレットでも作ろうか思っています。作るのに時間はかかりますが、面積が大きいため小さな指ぬきでは作れない模様ができます。ただブレスレットの芯を何にしようか思案中です。紙ではすぐにへたってしまいますでしょう。やはりプラスティックシートでしょうか。

 今日は(もう昨日ですけれど)温度はあまり上がらなかったのですが、写真を撮る前に牡丹の花は開ききってしまいました。朝ちょっと忙しかったのです。ですから前回の写真を持って今年の牡丹はおしまいです。長々とお付き合いありがとうございました。
[PR]
by chloe_patricia | 2009-04-29 00:52 | ゆびぬき